保健指導

特定保健指導

対象者

定期健診の結果、特定保健指導に該当した40歳以上の方

実施方法

対象となった方には、当健保より所属先もしくはご自宅宛てにご案内を送付いたします。
内容をご確認の上、必ず保健指導をお受けください。 >>保健指導のプログラム内容
保健指導に関する費用は当健保が全額負担いたします。

目的

内臓脂肪型肥満(メタボ)に着目し、その要因となっている生活習慣を改善するための保健指導を行い、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備軍を減少させること(病気の予防)を目的としています。

なんで特定保健指導の対象に??

定期健診の結果をもとに、内臓脂肪蓄積の程度とリスク要因の数によるレベル別「動機付け支援・積極的支援」の選定(階層化)をし、対象者の決定を行っています。

  • ※当健保の定期健康診断には特定健康診査(特定健診)という内臓脂肪の蓄積状態をみる等、特定保健指導の対象者を的確に抽出するための検査項目が含まれています。

特定保健指導のプログラム内容

ご自身の現在の健康状態を確認・把握し、生活習慣の改善の為に出来る事から取組みを行えるよう、さまざまな働きかけやアドバイスを行います。
初回の面談以降は、電話・メール・手紙などを利用し、約6ヶ月間の支援をします。

動機付け支援・・・生活習慣の改善を促す原則1回の支援が受けられます。

医師、保健師、管理栄養士らの指導のもとに行動計画を作成し、生活習慣改善に取り組めるように、専門家が原則1回の動機付けを行います。計画どおり効果が出ているかなどを評価します。

積極的支援・・・3ヵ月以上、複数回にわたっての継続的な支援が受けられます。

医師、保健師、管理栄養士らの指導のもとに行動計画を作成し、生活習慣改善に取り組めるように、専門家が3ヵ月以上の定期的・継続的な働きかけを行います。計画どおり効果が出ているかなどを評価します。

ページ先頭へ戻る

  • 「こころの耳」
  • ストレスハンドブック
  • 女性の疫病
  • その他バナー
  • 花粉症情報