特定疾病の治療を受けるとき

人工透析、血友病など長期にわたって高額な医療費を必要とする特定疾病については、10,000円を超えた分が高額療養費となり現物給付されます。
ただし、人工透析を必要とする患者が70歳未満で標準報酬月額53万円以上に該当する場合は、自己負担が1ヵ月20,000円になります。

提出するとき

長期にわたり一定の高額な治療を継続して行う必要性のある病気として、厚生労働大臣が定めた次の疾病に診断されたとき。

  • (1)血友病
  • (2)抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群
  • (3)人工透析を必要とする慢性腎臓疾患

給付内容

上記(1)~(3)にかかる自己負担

  • (1)自己負担額10,000円に軽減されます。(70歳未満で標準報酬月額53万円以上に該当する場合とその被扶養者は自己負担額20,000円)
  • (2)、(3)については自己負担額10,000円が公費で負担されるため窓口負担はありません。

ページ先頭へ戻る