接骨院・整骨院・鍼灸院にかかるとき

[整骨院・接骨院]の場合

健康保険が使用できない施術があることをご存知ですか!
支払時にトラブルにならないように、 施術前に<柔道整復師*(施術をしてくれる人)> とよく確認をしておきましょう。

  • *医師と資格が異なる為に、健康保険の使用できる範囲が異なります。下記をご確認の上、適切な施術を受けましょう。
保険証が使える場合
(業務中、通勤途中以外のもの)
保険証が使えない場合
(全額自費となります)
  • 急性の打撲、捻挫
  • 急性または亜急性(急性に準じる)による挫傷(肉ばなれなど)
  • 急性の骨折、不全骨折(ひび)
  • 急性の脱臼
  • ※応急処置を除き、骨折、不全骨折、脱臼には医師の同意が必要です。
  • 日常生活による疲労、肩こり、体調不良
  • スポーツによる筋肉疲労・筋肉痛
  • 病気からくる痛みやコリ
  • 加齢による腰痛や五十肩の痛み
  • 脳疾患後遺症等の慢性病
  • 病状の改善の見られない長期の施術
  • 医師の同意の無い骨折や脱臼の施術

整骨院・接骨院での注意事項

負傷原因を正確に伝えましょう!

【外傷性の負傷で無い場合】、【負傷原因が労働災害の場合】 健康保険は使用できません。
また、交通事故等、第三者行為で健康保険を使用する場合、事前に健康保険組合に了承を得る事が必要です。

署名の前に確認しましょう!

施術後(支払時)に【療養費支給申請書】に署名が必要です。<負傷原因><傷病名><日数><施術内容>等、記載内容をよく確認のうえ署名し、必ず領収書を受領しましょう。
署名が入ると、【健保宛】に【保険対象分の費用】が請求されます。白紙の用紙にサインしたり、印鑑を渡してしまうのは、誤請求の恐れがありますので十分注意してください。

病院との重複受診をしない!

同一の負傷、同時期に<医師>と<柔道整復師>に重複してかかることは出来ません。
この場合、原則として施術料は【全額自己負担】となります。

* 例外 *
【負傷の状況の確認】【継続施術の確認】の為の場合には、医師の指示を得てその旨を柔道整復師に申し出てください。

受診内容の照会にご理解とご協力をお願いします

当組合は、医療費の適正化の一環として、健康保険で接骨院・整骨院に受診された方に書面で「受診照会」をさせていただく場合があります。
これは、接骨院・整骨院からの請求内容と皆様が受けられた受診内容との照合や負傷の原因等について内容等に誤りがないか確認するためです。
平成27年1月より委託業者を、株式会社大正オーディット健康保険事務センターに変更し、柔道整復師の施術料点検を実施しています。委託業者から皆様のもとへ書面あるいは電話で負傷原因や負傷箇所、または治療内容等について照会確認をさせていただく場合があります。照会のあった場合にはご協力をお願いいたします。

  • ※照会時期は、受診月から早くても2~3ヵ月後と記憶もあいまいになる頃になりますので、医療費の領収書や診察券等を保管しておいてください。
≪業務委託先≫
施術内容の照会に
関するお問合せ先
株式会社 大正オーディット健康保険事務センター
東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ7F
電話:03-6805-6281
  • ※健保名(日本マクドナルド健康保険組合)と記号・番号・受療者氏名を伝えたうえでお問合わせください。

[鍼灸院]の場合

はり・きゅう・マッサージを健康保険で受ける場合は本人が一旦代金を支払い、あとで健康保険組合から標準費の払い戻しを受けます。

同意書があれば受けられる施術

はり・きゅうの場合

  • 神経痛
  • リウマチ
  • 腰痛症
  • 五十肩
  • 頚腕症候群
  • 頚椎捻挫後遺症

病院との重複受診をしない!

同一の負傷、同時期に<医師>と<鍼灸師>に重複してかかることは出来ません。
この場合、原則として施術料は【全額自己負担】となります。

マッサージの場合

  • 関節拘縮
  • 筋麻痺
  • *マッサージは原則として<病名>ではなく<症状> に対する治療となります。 関節が硬くて動きが悪かったり、筋肉が麻痺して自由に動けないなどの症状が健康保険の対象となります。
  • *治療が長期にわたる場合には、定期的に医師の診断及び同意が必要となります。

ページ先頭へ戻る